整形外科医師求人ランキング

整形外科医師求人TOP >> 整形外科の医師のFAQ >> 年齢不問の整形外科の医師求人は?

年齢不問の整形外科の医師求人は?

整形外科医として脂がのる時期は、一般的に就業15年目からと言います。そして、この頃に転職をするケースがたいへんに多いというデータもあります。また開業医になる方の平均年齢は41歳前後で、臨床医として最盛期になる時です。つまり40代はキャリアチェンジの多いステージなのです。そういった意味を踏まえると、転職向けの求人には年齢不問の条件が付けられることが多くなります。民間病院の人事担当者の一般的な意見としては、37、38歳あたりまでは若手医師として採用するそうです。つまりベテラン域に達するには40代になる事もその理由でしょう。

ただし勤務医として採用をする際は、ケースによって年齢がポイントになります。一般的には、民間病院の部長職を45歳前後で割り当てる事が多いために、それ以上の年齢の勤務医を途中採用するのは難しい事もあるのです。そこで40代から50代の転職であれば、小規模なクリニックや専門性の高い医療機関、特に公の運営する施設等を選ぶと良いでしょう。つまり、大手の病院などでは年齢不問の求人だからといって、50歳・60歳のベテラン医師をそのまま勤務医に採用する事が少ない点を理解しておきましょう。確かに医師免許には定年制度がありません。自己の判断では死ぬまで医師を続ける事が可能です。整形外科医もその点は同様で、手術をしないポジションであれば70歳でも80歳でも勤める事ができるのです。あるいは開業医になる事で、定年を意識せずに働く道もあるでしょう。

そこで、45〜55歳あたりの円熟期を迎えた医師の転職先として有効なのが、責任ある管理職のポジションでしょう。そして部署を仕切る指導的な立場のポジションを得るならば、例え責任が重くなるとしてもそれに見合う収入が保証されます。一般的に勤務医の定年は65歳あたりになるので、その時までは第一線で活躍し、かつ高収入を求める事ができます。ですが、その様な責任の重いポジションを望まない方は、収入もひとつランクを落とした求人を選ぶ事もできます。お金よりは自分の働くスタイルややりがいを優先する転職はよく見られるのです。医師の世界では、『新しいことは50代のうち』という話があります。健康なうちは、何歳まででも働きたいと望む方も多く、定年後を考えて、一足先にセカンドキャリアを模索する転職も有効です。この際にポイントになるのがキャリアプランです。先にも述べた通り、整形外科医の場合はオペ中心の転職ではなく、長く続けられる診療形態へのシフトを念頭において職場を選ぶべきです。この様な点を考慮すれば、年齢不問の求人をより有効に選べる事ができるでしょう。

整形外科に推奨する医師転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2017 整形外科医師求人ランキング All Rights Reserved.