整形外科医師求人ランキング

整形外科医師求人TOP >> 整形外科の医師のFAQ >> 整形外科の医師の適性は?

整形外科の医師の適性は?

整形外科では骨や筋肉といった運動器官の治療をするわけですが、患者さんは運動器官に痛みなどのトラブルがあるものの、内臓は元気な人が多いこともあって、コミュニケーションを十分に取ることができます。これは、患部についての意思の疎通がしやすいというメリットがありますが、場合によっては患者さんの世間話に付き合わされたりと、難しいところもあります。特に、お年寄りの多い病院などでは、リハビリに通うお年寄りとはすっかりなじみになりますから、話が長引きやすくなりますが、待っている人のことを考えるとそうもいきません。そのため、整形外科医には、気持ちのよいコミュニケーションを取りながら程よい距離を保つような力が必要になるのです。

また、整形外科は「怪我を治すだけ」と軽く考えられる場合もありますが、実際には首から下の内臓以外はすべて扱うため非常に症例が多く、たくさん勉強しなければならない領域です。手足などの四肢だけでなく、脊椎なども扱うため、範囲が広いのはもちろんですが、どんどん進歩している分野でもありますから、常に新しい知識も身につけなければなりません。そのため、整形外科医は医師として治療をおこないながらも、勉強を続けていくことが必要なのです。

どの診療科も、もちろん患者さんが元気になって退院していくのは医師によって大きな喜びです。整形外科の場合は、患者さん痛みを伴って来院してから、治療や手術を受け、リハビリして退院していくまでのすべての過程を医師がサポートすることになります。それが整形外科医のやりがいにもなりますし、整形外科には内臓面は元気な患者さんが多いということで、病棟が明るいのも特徴です。そのため、こうした環境で働きたいという医師には、向いている診療科だと言えます。

整形外科の中には、スポーツ整形などの、専門を特化した分野があります。もちろんどの整形外科医も一通りの治療はできるのですが、特にスポーツによる疾患を治療するのがスポーツ整形の特徴です。自分がスポーツをしてきた医師にとっては、アスリートの辛さや希望などもよくわかるでしょうから、こういった分野に適性があるのかもしれません。単に怪我を治すのではなく、その人がスポーツをどのように続けたいのか、いつまでにどの程度治したいのかなど、本人の希望を汲み取りながら治療していくことがスポーツ整形の医師には求められます。また、スポーツだけでなく、脊椎疾患や、高齢者の機能低下などは増えつつあり、こういった面に関心がある人にも適正はあるのではないでしょうか。

整形外科に推奨する医師転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2017 整形外科医師求人ランキング All Rights Reserved.