整形外科医師求人ランキング

整形外科医師求人TOP >> 整形外科の医師のFAQ >> 休みがとりやすい整形外科の医師求人は?

休みがとりやすい整形外科の医師求人は?

整形外科の医師の忙しさはその職場によって大きく異なります。開業医などは定時診療を行っていて、休日もしっかりと定めた通りに取る事が可能です。また一般の民間病院でも、病棟が無く入院患者を採らなければ、宿直の必要が出ないでしょう。しかし反対に規模のある病院の場合は、夜勤を含む3交代勤務をレギュラーとしていて、緊急の患者さんが出れば休日でも出向いて行く環境になっているケースも珍しくありません。つまり休日がちゃんと取れる職場を探すのであれば、小規模の病院や公の医療機関での勤務が有効でしょう。そういった職場の求人では9時5時の勤務で、土日・祝日が定休の条件も見つかるかもしれません。

あるいは規模の大きな大学病院や総合病院で、院内に整形外科医が何人もいる場合は、比較的に休みが取りやすい事もあります。つまりローテーションがキッチリしているので、ちょっとのことでは休日出勤にならないという事です。それぞれの整形外科医の担当日や時間が割振りされているので、飛び込みの仕事が発生し難い点は大きなメリットです。例えば外来担当の日には、半日だけ外来患者さんの診療を行い、残りの反位置は手術や研究時間に振り分けるといったスケジュールのところもあるのです。

また、東北地方や北海道などでは、冬場の大雪でけが人が多発するケースがありますが、その様な地域での勤務では時期によって休日出勤や残業が頻繁に起こりがちです。この様に地域性で休日が取り難い事もあります。反対に過疎の土地で整形外科医を行う場合は、高齢者中心の定期診療であればのんびりとした働き方になる事があります。そういったところでは、定休の他にも有休が取りやすいのは言うまでもないでしょう。

それから、24時間待機の救急病院は極めて多忙な状態になりやすい職場です。担ぎ込まれた患者さんの緊急手術はもちろん、オンコールで呼ばれたら急いで駆けつけなければなりません。そのため休日でもゆっくりと飲酒ができない方もいるのです。この様に職場による勤務環境の違いをチェックしましたが、実は医師自身の年齢やキャリアでも休日の取りやすい・取り難いが生じます。研修医の時期は激務であるのが一般的です。いくら定時勤務の整形外科クリニックで働いているとしても、週休2日がまともに取れない時期もあるのです。経験が5年〜10年の若い医師が一番忙しくなります。しかし経験年数が長くなるとその兆候が収まります。ですから40代過ぎの転職では、求人の募集条件に『休日が取りやすい』形がでてきます。自分の時間を優先した転職を希望の方は、職場の勤務状態をしっかりと確認して選ぶ様におススメします。

整形外科に推奨する医師転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2017 整形外科医師求人ランキング All Rights Reserved.