整形外科医師求人ランキング

整形外科医師求人TOP >> 整形外科の医師のFAQ >> 残業が少ない整形外科の医師求人は?

残業が少ない整形外科の医師求人は?

整形外科医で残業が少ない職場を選ぶ場合は、まず救急指定がなされていない病院や定時診療をベースにしているクリニックを選ぶと良いでしょう。また、ベッド数の少ない病院というのもねらい目で、特に重篤な患者が少ない医療施設を見つける事もできます。近年では高齢者向けの整形外科診療施設が増えていますが、生活上の運動能力を維持するための治療として、関節痛・リウマチを始めとする回復を目的にした診療活動を主に行っている医療現場では比較的に残業の発生率が低いものです。反対に整形外科では、交通事故や仕事上の怪我、あるいはスポーツや運動による事故で発生する救急外傷の手術・治療も担っていますので、その様な医療活動を専門に行っている場合は勤務時間も長く、残業も多く発生する事でしょう。また救急病院の勤務医も残業は多いものです。もし定時勤務を強く望むのであれば、こういった職場は避ける様にするべきです。

医師の世界でも生活スタイルによっては定時勤務を強く望む方がいます。男性・女性を問わず結婚をして家庭を持つ様になると、仕事中心の生活ではなく家族の必要を優先したくなるのはごく自然な事です。ですが、その点ではまだまだ日本の医療界に自覚が低いというデメリットがあります。高給取りであるのだから、仕事を優先するべきだという考え方が根底に根強くあるのです。つまりキャリア・アップを目指し、更に収入を高めていこうと志している医師にとっては、『残業の多い少ない』を気にしていては成功もおぼつかないと言うことなのです。反対に自分のライフスタイルややりがい、家族の関係を重視する方は働き方そのものを重要視して、職場を選び直すのは意味があります。

近年では、時間に余裕のある働き方を望む整形外科医が増えています。例えば、外来担当かあるいは外来専門の職場であれば診療時間内の勤務で済むので、そういった職場に転職するケースが目立ちます。また大手の大学病院や総合病院でも、できる限り残業をしなくて済む様に当直の医師の人数を割り増しして対応しているところも出ているのです。この様な医療現場では、適切なスケジュール管理が行われていて定時勤務を可能にしています。また企業の医務室とか介護施設、あるいは個人病院・クリニックも残業は少ないです。現在ニーズの高まっている医療の職場では、臨床経験の高い40代から50代の人材を求めています。そのため、残業が少ないという条件をアピールしている求人は少なくありません。残業の少ない勤務を希望している方は、応募先の病院をしっかりとチェックして、面接時でも残業時間については明確にすると良いでしょう。

整形外科に推奨する医師転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2017 整形外科医師求人ランキング All Rights Reserved.