整形外科医師求人ランキング

整形外科医師求人TOP >> 整形外科の医師のFAQ >> 整形外科の医師の1日の流れは?

整形外科の医師の1日の流れは?

整形外科に勤務する医師が主に行う仕事としては、外来患者の診察やオペ、病棟の回診、当直勤務、論文、研究に分類されます。一般的に勤務医の場合は、手術をする他にも、術後の接骨状態や関節の回復を見たり、事故やスポーツなどで痛めた靭帯や神経の回復治療を行ったりと、病棟患者や外来患者の診察のボリュウムが高いものです。また高齢者を対象にした治療として、腰痛などの関節痛やリウマチの診察もニーズが高いでしょう。そんな整形外科医の1日のスケジュールをチェックしますと、概ね以下の様になります。

まず出勤は8時半前後になります。研修医の方の場合はやや早めに出勤して前準備をするのが普通です。出勤後はカルテチェックなどを行い、担当患者に変化があるか、検査などに漏れがないかを確認します。そしてカンファレンスです。同じ科の医師と看護師が集まって、自分の担当患者の状態を説明します。これは複数の医師が1人の患者を診る場合には欠かせません。また医療の標準化に向けて、カンファレンスを積極的に取り入れている医療現場はたいへんに多いのです。その後はそれぞれの担当する病棟患者の回診をします。もし外来専門であれば、9時ごろから診療が始まります。

診察は外来でも病棟患者でも治療経過のチェックが中心になります。緊急の手術や予定を組んだ手術がある場合は、スケジュールが大きく変わりますので、その際は全く別のメニューで勤務をする事になるでしょう。この点で大きな病院では、複数の医師が役割分担をして勤務にあたるケースがあります。例えば1グループ4人として、そのうち1人は午前中フリーになって救急患者の緊急手術を行ったり、朝の回診で入院患者の様態の変化に対応したりとレギュラーではない治療にあたるシフトもあるのです。また何もする事がない時は、論文を読んだり学会発表の資料を作成したりして、有効に時間を使う職場もあります。

そして12時あたりで昼食・昼休みをとって、午後1時あたりから外来診療や手術にあたります。そして一般のクリニックでは、夕方5時前に診療時間を終えて一日のまとめを行い、そのまま5時には帰宅するケースが多いでしょう。また病棟患者のある職場でも、5時にはまとめのカンファレンスを行って一日の勤務を終了します。なお当直をする場合は5時前に出勤して、まとめのカンファレンスで引き継ぎを行い、翌朝までの勤務になります。基本的には病棟患者のケアと救急患者の治療がメインの仕事です。

整形外科に推奨する医師転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2018 整形外科医師求人ランキング All Rights Reserved.