整形外科医師求人ランキング

整形外科医師求人TOP >> 整形外科の医師のFAQ >> 国立病院の整形外科の医師求人は?

国立病院の整形外科の医師求人は?

国立病院とは、本来厚生労働省の管轄で運営される病院のことを言うものですが、現日本においては正式な国立病院が存在しません。国立病院の名称を持つ病院は全て国立病院機構の運営に因ります。つまり厚生労働省ではなくて非特定の独立行政法人・国立病院機構の担当なのです。独立行政法人とは以前は厚生労働省や文部科学省の直轄部門でした。それを非営利のカテゴリーで法人格化し独立運営をさせるに至っています。また公立病院の場合は、地方自治体が運営をする形になっています。それぞれの都道府県・市町村が運営する病院が公立病院になります。これらを総じて『国立病院』と呼んでも良いかもしれません。

国立病院で働きたいと考えている整形外科医の方々には、これら公の医療機関へ就職する事で公務員になれると考えている向きがあるでしょう。ですが、それは地方自治の運営する公立病院の場合で、国立病院機構の職場では民間医師と同等の立場である事を理解しておきましょう。つまり公務員ではないという事です。しかし国立病院機構は、全国で140以上の病院施設を設けていて、ほとんどが高度な医療設備を整え、治療レベルも高いのが一般的です。基本的には総合病院の形をもって、地域医療を根底で支えている中核病院になっているのです。また、国立病院機構は医療分野の調査や研究にも力を入れています。医師や看護師などの医療従事者への技術の育成と研修も行っており、国の直接の管理施設ではないとしても、行政の医療政策を推進する役目も担っています。この点は他の民間病院とは性質を事にしていると言えるでしょう。ですからこの職場へ転職を考えている方は、幅広い活動のステージが開かれている事を知っておくと良いでしょう。

国立病院機構や公立病院のホームページには、医師募集の求人情報が掲載されています。特に整形外科医のニーズは高く、雇用条件も高い基準が用意されているのが一般的です。ですから、転職をしたい時はホームページを確認して現在募集されているかどうかを確認して下さい。ただし、応募は年に1回だけといったところがほとんどです。そして採用方法は面接だけにはとどまりません。自治体によっては適性検査などの筆記試験を行う場合もあります。また採用試験では小論文などを提出するパターンもありますので、その辺のノウハウは事前に調べておく方が良いでしょう。それから定期公募をせずに、欠員が出た時に随時募集を掛けるケースもよく見られますので、日頃から求人情報を丁寧にチェックする様に習慣付けておく事も大事です。

整形外科に推奨する医師転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2018 整形外科医師求人ランキング All Rights Reserved.