整形外科医師求人ランキング

整形外科医師求人TOP >> 整形外科の医師のFAQ >> 整形外科の医師の男女比は?

整形外科の医師の男女比は?

以前と比べて医師として働く女性は増えてきました。昔は医師全体の1割にも満たない人数でしたが、2000年代に入ってその割合は増加の傾向にあり、現在では2割近くの医師が女性という状態です。2割というと少ないように感じるかもしれませんが、以前の倍と考えるとかなり増えたことがわかるでしょう。現在では、その年の医師国家試験の合格者の3割以上は女性という状態になっているので、ますますその割合は増えていくことが予想されます。

しかし、実際にはすべての診療科で女性医師が増えているわけではなく、産婦人科や小児科などで急増している状態です。これらの診療科では医師が女性であることによって患者さんである女性や子どもが安心して治療を受けられるというメリットがあるので、どうしても女性医師が増えやすいのです。一方、整形外科ではどうかというと、決して女性医師が増えているとは言えない状態です。実際、現在でも整形外科医に限ると、女性医師の割合は1割にも満たないですし、すぐに増加しそうな傾向もみられないので、ここしばらくはこの程度の比率が続くでしょう。

確かに整形外科は患者さんが多く日々忙しい診療科ですし、入院患者がいるので当直や残業もあります。休日に呼び出されることもあるかも知れません。そういう点では、家庭を持った女性医師が気軽に働くことができる環境ではないでしょう。多少給料が下がっても、日勤のみの病院や、夜勤専従など、多用な勤務方法を持つことで、女性医師が少しでも働きやすい環境を作っていくことが大切です。

整形外科を訪れる患者さんの中には女性も多く、女性医師を望む声も少なくありません。しかし、女性の整形外科医の絶対数が少ないこともあって、なかなか採用できない状況が続いているようです。女性の整形外科医をもっと活用するためにはまず、産休や育休など、女性が働きやすい環境を整えて、数カ月後にアクセスしてみることが大切でしょう。妊婦の残業や当直の免除がないと、整形外科医を志す女性が増えるとは思えません。働きたいと思っていても、小さな子どもを抱えて動けないという人もいますから、まずは女性が働きやすい環境作りを進めることが大切でしょう。すぐには女性整形外科医が増えるとは思えませんが、そうしていくことで徐々に女性整形外科医が増えている可能性はあります。なかには非常勤の医師として診察を行うこともあるかもしれませんから、バックアップできる体制は作っておきたいものです。

整形外科に推奨する医師転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2017 整形外科医師求人ランキング All Rights Reserved.