整形外科医師求人ランキング

整形外科医師求人TOP >> 整形外科の医師のFAQ >> 整形外科の医師に関する資格は?

整形外科の医師に関する資格は?

整形外科医に関連する資格としては、まず医師免許があります。これは、整形外科医に限らず、すべての医師が必要とするものですが、医師免許を取得する段階では、まだ専門領域が決まっているわけではありませんので、将来整形外科医になりたいと思っていても、すべての分野の勉強をして試験に臨む必要があります。だからこそ、医師免許があれば医師はどの診療科の診察を行ってもよいということになるのです。整形外科医になるために別の資格を必要とするわけではないので、医師免許さえ取得すれば、資格的には整形外科医になることは可能になります。

医師免許の取得に、初期臨床研修として2年間あちこちの診療科での研修を経験し、その後に整形外科医としてのスタートを切るわけですが、その後も3〜4年は後期臨床研修として整形外科での専門的な研修を受けることになります。その頃に取得可能になるのが、整形外科専門医の資格です。これは、日本整形外科学会が認定するもので、整形外科についての専門的な知識や技能があるということを証明する資格になります。受験資格は、日本整形外科学会会員であり、日本整形外科学会の認定する施設で6年間臨床研修を受けたということです。この6年間には、医師免許を取って初めに行われる初期臨床研修の2年間を含んでも良いので、後期臨床研修を4年受ければ受験資格がえられるということになります。ちなみに、初期臨床研修の2年間は日本整形外科学会の会員となっていなくてもかまいません。さらに、実際に整形外科の広い分野での治療に関わっており、整形外科関係の学会で発表を行うなどの実績も受験資格として必要です。こうして研修を受けたり、学会発表を行ったりすることでようやく受験資格を得ることができます。さらに、実際の資格取得のためには、この後に受ける試験に合格する必要があります。試験は、筆記試験のみで、実技などはありません。

実際に整形外科医として働く上で、必ずしも整形外科専門医の資格が必要なわけではありませんが、どうせ受けなければならない研修が受験資格となっていることもあって、この資格をもつ整形外科医は珍しくありません。整形外科医としての信頼を得る方法のひとつとなりますので、積極的に取得するようにしましょう。資格取得後は、更新ごとに試験を受ける必要はありませんが、指定の研修を受けたり、各自が日々進歩する医学についての最新情報ついて絶えず勉強を重ねることが求められます。

整形外科に推奨する医師転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2017 整形外科医師求人ランキング All Rights Reserved.