整形外科医師求人ランキング

整形外科医師求人TOP >> 整形外科の医師のFAQ >> 整形外科の医師の転職の自己PRは?

整形外科の医師の転職の自己PRは?

整形外科の医師はスポーツや労働災害、生活習慣などによって発生する疾患の診察と予防を行っています。整形外科医はそれらの原因を突き止めなければならないため、運動に関する幅広い知識と高い社会的倫理観を備え症状に適した最先端の治療を行い、高い診療実践能力を必要とします。また整形外科の面接では、患者の年齢層が高いとされる分野のため過去にリウマチなどの診察による考察や実績について聞かれることが多いようです。これらのことから整形外科で活きるであろう知識や経験を、病院側にしっかりアピールしなくてはいけません。転科の採用試験では、実際に患者を診ることや手術を行うことはほとんどありませんので、面接でいかに自己PR出来るかが採用のカギとなるでしょう。自分が整形外科医になることで、どんなメリットがあるかをアピールすることが大切です。

整形外科に限らず、転科の採用試験で一番の難関は面接でしょう。面接は自分の医師としてのスキルとは関係なく、人間性やコミュニケーション能力を見る場でもあるため、いくら実務経験が豊富で能力が高くても採用されないことがあります。病院や科目によっては経験よりもやる気や活気を重要視する所もあるため、面接ではハキハキと受け答えができなければいけません。面接は自分が試されている場でもあり、自分が病院を見極める場でもあります。そのため変に謙虚になるよりは、気になることや言っておきたいことは質疑応答でしっかり伝えておきましょう。

はじめて転職活動をする方は面接の練習をしないまま採用試験に臨むのは不安でいっぱいですよね。ノウハウを身につけてマニュアル本の通りに面接を受ける方もいると思いますが、面接は自分が自然体で話すことが出来る人ほど良い方向に進むことが多いのです。予め応えを考えておくのではなく、聞かれたことに素直な意見が返せるよう落ち着いておくことが大切です。面接は実際に受けなければ分からないことも多いですが、転職をサポートしているエージェントやサイトでは採用されやすい面接の指導を無料で受けることが可能です。

面接の指導を行ってくれる転職サイトのひとつに「リクルートドクターズキャリア」があります。医師専用の転職サイトなので、医師が採用されやすい面接のコツをキャリアアドバイザーから指導してもらえます。また上手くPRできる履歴書の書きかたも無料で指導してもらえるため、初めて転職を経験する方は是非利用してみてはどうでしょうか。登録や利用は全て無料なので安心して利用することができます。

整形外科に推奨する医師転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2017 整形外科医師求人ランキング All Rights Reserved.