整形外科医師求人ランキング

整形外科医師求人TOP >> 整形外科の医師のFAQ >> 総合病院の整形外科の医師求人は?

総合病院の整形外科の医師求人は?

21世紀に入り高齢化社会が進行する日本では、整形外科医の求人ニーズが高かまっています。例えば総合病院や整形外科専門病院では、人工関節部門とか外傷部門、肩・腕専門の外科などといった、医療内容に特化した個別化を進める傾向がでてきました。具体的には指導者レベル・部長クラスの医師のポストを増やすとか、スペシャリティを身につけたいという若手医師にスポットを当てた求人を出す医療機関が増えているのです。その傾向は小規模の専門病院・クリニックで同様に見られます。その理由はやはり高齢化社会の加速によって、日常の生活活動に不自由している方々の対処治療のニーズが増えた事、また運動不足が顕著な社会ではスポーツ障害の発生率も上がっていますし、仕事などの経済活動中に発生する外傷や骨・関節の損傷といった労働災害や交通事故の多発などが要因としてあるからでしょう。つまり整形外科が必要とされる社会であるという事です。そういった意味では、単に整形外科部門だけでなく、他の科と連携をもって治療にあたる総合病院が重要な役割を持ってくるのです。

実際に、総合病院での整形外科医の求人件数は年々増加しています。平成22年度の公式調査・必要医師数実態調査の結果では、整形外科の全国求人総数が2000件弱と、内科医の次に高い2位になっていました。ニーズの高い専門領域には、脊椎・関節・軟部腫瘍・スポーツ医・骨代謝・小児整形外科・運動器リハビリテーションなどなど多岐に渡っています。それぞれのスペシャリストを求める総合病院は多いのです。そういった意味で、総合病院では整形外科医の必要性はとても高く、外科医の中で比べても求人数が最も多いと言えるでしょう。もちろん待遇も十分に考慮されています。ざっと求人内容を見てみますと、若年の医師でも年収1000万円前後の給与を条件にしていますし、ベテランクラスであれば年収1500万円以上を提示する求人も珍しくはありません。また整形外科医のスキルでリハビリテーションの分野を担当できる事もあって、職場はかなり幅広く用意されています。つまり転職先がいろいろと選べるのです。

実際のところ、整形外科の転職先の人気度は地方都市の小規模病院・クリニックが高くなっていますが、ぜひ総合病院の職場も検討してみて下さい。確かに大所帯の医師団を結成している傾向が高いために、時に先輩医師の意向で困難な場面もあるかもしれません。それでも整った設備に、優れたスタッフとともに行う治療活動には納得できる筈です。整形外科医としての将来を考えれば、その様な現場へ転職するメリットは大きいと言えるでしょう。

整形外科に推奨する医師転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2017 整形外科医師求人ランキング All Rights Reserved.