整形外科医師求人ランキング

整形外科医師求人TOP >> 整形外科の医師のFAQ >> 整形外科の医師の仕事内容は?

整形外科の医師の仕事内容は?

整形外科医の仕事内容は、体の筋肉や骨などの運動器官に生じた異常や痛みなどの治療を行うことです。それは切ったり擦りむいたり、骨折したりといった外傷はもちろん、お年寄りが長年膝を使ってきたことで起こる関節症などの治療を行ったり、支障なく日常生活が行えるように運動機能を取り戻すためのリハビリを行います。子どもからお年寄りまで、あらゆる年代の人の怪我などを治療するということもあって、病院や医師によってはスポーツに関する怪我の治療を得意としていたり、リハビリに力を入れていたりといった特徴があることも多いです。とはいえ、どの医師ももちろん基本的には整形外科全般の治療はできますので、専門領域だけを勉強しているわけではありません。

整形外科医と混同されやすい分野として、形成外科というのもありますが、これは整形外科の1部門と考えられることもあります。整形外科が、骨や筋肉なども含めた運動器官全体を対象とするのに対して、形成外科はあくまでその表面、皮膚などを対象としています。また、整形外科というと美容整形をイメージする人もいますが、美容整形も整形外科のひとつの分野に過ぎませんし、怪我などの治療を行うのではなく、自分の意志で治療を受けるために健康保険が適用されないなど、整形外科とは全く違った一面もあります。

日々の仕事の内容は、総合病院などに勤務している勤務医と、クリニックを開業している開業医などでかなり違いはあります。勤務医の場合は、外来の診察の他、手術やその経過の観察と処置、入院患者の回診などが患者さんを直接治療する業務になります。その他、研究をしたり論文を書いたり、勉強会に参加したりと、スキルアップのための努力も続けなければなりません。自分でクリニックを開業した場合は、手術などは行わないところもありますが、スタッフの採用や経営など、クリニックの運営に関わる業務も増えるのでどちらが楽とはいえないかもしれません。ただし、入院施設のある総合病院の場合は当直勤務がありますので、どうしても生活が不規則になりますし、休日の呼び出しや残業もあります。その反面、さまざまな症例を経験することで、スキルアップにもつながるため、やりがいのある仕事だと言えるでしょう。子どもからお年寄りまで幅広く診察を行う整形外科医は、高齢化によってお年寄りが多くなることが予想されることからも、今後ますます必要とされると言われているのです。

整形外科に推奨する医師転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2017 整形外科医師求人ランキング All Rights Reserved.