整形外科医師求人ランキング

整形外科医師求人TOP >> 整形外科の医師のFAQ >> 整形外科の医師の労働時間は?

整形外科の医師の労働時間は?

整形外科医を希望する方の中には、この職場の勤務状態がどうかを気になさっている方もいるでしょう。他の医師と同様に、激務だと考えている方も少なくない事でしょう。整形外科とは骨に関する治療をメインとしていて、骨折やむち打ちといった骨・関節の異常に対し処置を施します。この科では子どもから高齢者までが対象になりますので、患者数は多くなりがちなのは事実です。ですが、実際には他の医師の勤務時間からすると勤務時間は短くなっているのです。その理由は、整形外科では少数の患者を長期にわたって治療するケースが多く、その診療の殆どが経過観察に向けられて仕事内容は比較的に穏やかになりがちです。つまり、割とゆとりのある勤務形態である場合が多いという事です。

ただし、緊急時には大きな手術をする必要もあるので、その様な場面では重労働の局面も出てくるでしょう。整形外科医が激務になるケースとして、交通事故などで骨折や関節の損傷を伴う怪我人が出た時です。この場合は骨格を含む健康状態への再形成が必要になりますので、時に困難で時間の掛かる手術が必要になりますし、術後の手当ても慎重に丁寧に行う為に激務状態になるでしょう。その際には勤務時間を超える対応を求められます。私生活を犠牲にして、患者さんの治療を優先するのは大きな務めでもあります。

もちろんこの様なケースは頻繁にありません。つまり、9時5時の定時勤務が見込める職場なのです。現在の整形外科医求人をチェックしてみますと、勤務時間は8時半か9時から夕方5時、あるいは6時の条件が多く見られます。また勤務日数は4日〜5日で週休2日が確保できるでしょう。ただし、当直勤務が月に何回か入ってくる職場もあります。また救急病院では3交代の勤務も見られますので、担当する職場によって忙しさが変わってくるでしょう。

この様に、整形外科の医師の勤務は基本的に規則的なのです。一般的には急患以外は重篤な患者が少ない事も特徴として挙げる事ができます。また外来診療では一人あたりの診察時間が短く、肉体的にも精神的にも負担の少ない職場だと言えるでしょう。そして空き時間では最新の治療方法を調べたり、自分の治療スキルのアップに努めたり、独自の研究時間が採れる事も大きなメリットでしょう。そういった勤務形態ですから、思った以上にプライベートタイムが確保できて、自分のペースで生活できるメリットがあります。この様な条件ですから、転職を希望する方に整形外科医を求める傾向が高いのも納得ができるでしょう。

整形外科に推奨する医師転職エージェントランキング!

  サービス名 お勧め度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2013-2018 整形外科医師求人ランキング All Rights Reserved.